「ものづくり」のあたらしい未来をつくります。

当社では3次元設計をメインに据え、構想の充実化や生産準備期間の大幅短縮を実現します。
またイメージを具体化できる3次元プリンターが試作時のコストダウンにも貢献。
さらに製品の実験・解析を通すことで、より高品質なものづくりをサポートします。
1999年から3DCADを設計ツールとして活用してきた実績を元に、設計・製作の状況に適した方法で提案・サポートします。
設計意図の多い鋳物等のモデリングや、ヒストリー系の3DCAD(Pro/ENGINEER・ SolidWorks)による意匠モデリングも得意です。
また3DCADの講習・教育・活用のご相談もうかがいます。
3Dプリンターは3次元CADデータを自動的に立体造形する画期的なシステムです。
図面では把握しずらい細かい形状を確認でき、型等の作成がないため従来の試作品に比べて時間もコストも短縮できます。
材料のABS樹脂は後加工ができ、接着・塗装・ネジ切り等をプラスすれば、さらに精密に。
形状の確認や治具・簡易ゲージへの活用、エンドユーザー向けのプレゼンテーション等幅広く活用できます。
当社では、強度・剛性・振動計算や実際の測定までトータルに行います。
3Dモデルの部品単体からアセンブル全体までの強度・剛性・振動を計算し、さらに実際に発生する応力の測定、振動・騒音の測定までサポート。
製品寿命の予測や対応策の提案もいたします。